中学受験では国語の勉強法が合否を握る?

中学受験において国語の勉強法というのは非常に難しいです。中学受験という科目は成績の伸びについては1番コントロールしづらい面もあるからです。算数が苦手な子もいると思いますが、算数は苦手な子が多いというだけで、ちゃんと勉強をすれば伸びる余地があります。

それは社会や理科もそうですが、成績が上がるためのプロセスが明確だからです。社会や理科は暗記が割と多いので、覚えれば点数につながる面が多く、算数に関しても解き方のパターンの暗記、計算方法の暗記などやっぱり覚えることも多いです。しかし、国語に関しては読解問題に関しては暗記という部分は少ないでしょう。暗記をする余地がないのです。

そして、具体的に読解力を上げるためのコツというものがあまり存在しないです。本を読むとか、そういったことが言われていますが、なぜそれで読解力が上がるのかについてはあまり説明されません。つまり、なんとなくの勉強法しかないということではないでしょうか?もちろん、国語に関しても勉強しないよりはマシなはずですが、勉強してどこまで伸びるかというのはかなり個人差があると思います。

他の科目はどれくらい伸びるかは勉強量に比例しますが、国語に関しては何に比例して伸びるか分かりづらいのです。ですので、自分の子が国語は伸びづらいタイプなのに、それに時間をかけてすぎていると、他の科目が疎かになって、中学受験の合格が難しくなるといったことがあるかもしれないので、注意が必要なのです。